<訃報> PHENOMENON デザイナー オオスミタケシ

<訃報> PHENOMENON デザイナー オオスミタケシ

<訃報> PHENOMENON デザイナー オオスミタケシ

February, 2021

PHENOMENONのデザイナー・オオスミタケシが去る 2021 年 1 ⽉ 24 ⽇に⼊院中の病院にて敗⾎症のため、逝去いたしました。 (享年 47 歳)

PHENOMENONのデザイナー・オオスミタケシが去る 2021 年 1 ⽉ 24 ⽇に⼊院中の病院にて敗⾎症のため、逝去いたしました。 (享年 47 歳)

ここに⽣前のご厚誼を深く感謝するとともに、謹んでお知らせ申し上げます。 なお、誠に勝⼿ながら故⼈とご遺族のご遺志により、葬儀等に関しましては近親者のみにて執り⾏われました。今後の予定といたしましては、関係者、友⼈、ファンの皆さまとのお別れの会を実施し、その場で膨大なPHENOMENONのアーカイブから代表するアイテムで構成するカプセルコレクションの展示を予定しております。また、オオスミが最後に完成させたMCM by PHENOMENONは今年の秋に、PHENOMENONは今年の冬に2022SS新作のコレクションの発表を予定しております。詳細につきましては後⽇改めて発表させていただきます。

オオスミタケシ

1996 年、avex 内に設⽴されたレーベル cutting edge より HIP HOP ユニット 「SHAKKAZOMBIE(シャカゾンビ)」としてメジャーデビューし、3 枚のアルバム、ソロ名義で 2 枚のアルバムをリリース。 1999 年、ストリートウェアブランドの先駆けとなるブランド「SWAGGER(スワッガー)」をスタート。2004 年にはそこから派⽣したソロブランド「PHENOMENON(フェノメノン)」を⽴ち上げ、2010 年には東京ファッションウィークでデビュー。数多くのブランドとのコラボレーションも実現し、ラグジュアリーストリートの先駆的ブランドとして注目を集める。また 1976 年創業のドイツのラグジュアリーライフスタイルブランド「MCM」と PHENOMENON のコラボレーションライン 「MCM by PHENOMENON」もスタート。近年も精力的なデザイン活動を行い、昨年制作したコレクションは伊勢丹新宿店メンズ館で発表し話題に。2021年SSシーズンには新作コレクションを発表することが決まっていた。 また、2012 年に吉井雄⼀氏とともに「MISTERGENTLEMAN(ミスター・ジェントルマン)」を⽴ち上げる。 2017 年には株式会社マッシュホールディングスの傘下に⼊り、その後、吉井雄⼀氏とともに 80、90 年代の六本⽊店を象徴したレコードショップ「WAVE(ウェイヴ)」を新たなプロジェクトとしてスタート。2018 年、⼤沢伸⼀氏による MONDO GROSSO のアルバム「Attune/Detune」にて MC 名義 BIG O として、リリックも⼿がけた「One Temperature」を収録するなどミュージシャンとしての活動も再開。今年の3月には東京ファッションウィークのタイミングでMISTERGENTLEMANの2021AWコレクションの展開も予定している。

 

【コメント】

"オオスミさんが、今回この様な形で亡くなられた事は残念極まりないのが本音です。フェノメノンを彼の残したレガシーを元に復活させ、志半ばとなってしまったブランド再開の夢を叶えていきたいと思っています。天国にいる彼が、笑って見ていられる様に、チームと共に、意志を繋げていきたいと思います。"

— MCM FASHION GROUP JAPAN株式会社 代表取締役副社⻑/SUNGJOO D&D JAPAN株式会社 代表取締役社長 金 海利

"偉大な才能の持ち主を失い、今はただ残念な思いしかありません。MCMために作って頂いたオオスミさんの手掛けたデザインは、今後もマスターピースとして残っていきます。彼がブランドへ残してくれた多大なる功績に改めて感謝を伝えたいと思います。"

— MCM Global COO Michael Kim

 
 

【本件に対するお問い合わせ】

MCM FASHION GROUP JAPAN株式会社
竹川 淳03-5159-3883
takekawa1979@gmail.com