MCMのストーリー

有名なコニャックのVISETOS モノグラムの誕生と進化から、類稀なレザーアイテムまで、MCMはモダンクラシックの代名詞となりました。

MCMの物語

カルト

モダンクラシックの代名詞

MCMのロゴは、豊かな伝統の証です。リボンで飾られた月桂樹の葉は、新古典主義をこよなく愛したルートヴィヒ1世の情熱に敬意を表するものであると同時に、ギリシャでは勝利の象徴でもありました。MCMのダイヤモンドは価値、強さ、そして美を損ねることのない永続性を表し、「Weiss Blauer Himmel」と呼ばれるバイエルン王国の国旗からインスピレーションを受けて誕生しました。すべてのMCMのアイテムには、今でもアイコニックなブラスプレートにシリアルナンバーが刻印されており、優れた職人技の伝統を今日に伝えています。すべての商品に仕上げとして施されるMCMならではのディテールによって、代々受け継がれる家宝のように、ひとつひとつのアイテムがブランドを代表する逸品となります。

MCMがファンを惹きつけてやまないのはなぜでしょうか? MCMは常に変化しています。美意識に突き動かされ、常に革新を求めています。有名なコニャックのVISETOS モノグラムの誕生と進化から、類稀なレザーアイテムまで、MCMはモダンクラシックの代名詞となりました。

MCMの物語

1976年、ミュンヘン

グラマラスな伝説の時代

MCMはモダニズム、ノベルティ、プログレッシブをテーマとした1960年代から70年代の文化的ルネッサンスを背景に、ミュンヘンで花開きました。「ミュンヘンのグラマラスな伝説の時代」とも呼ばれたこの当時は、反抗の時代でもありました。未来を見据えたクリエイティブなビジョナリー、アーティスト、ミュージシャン、ジェットセッター、トレンドメーカー、起業家、そして多彩なスターたちが活躍し、1970年代の「ミュンヘンサウンド」を生んだ巨匠ジョルジョ・モロダーもその内の1人でした。

それは可能性にあふれた新時代の幕開けであり、建築、映画、音楽、アート、写真、メディア、ファッション、ビューティー、テクノロジー、トラベルなど、あらゆる分野で新しいビジョンとこれまでにない革新が生み出される、まさに心躍る時代でした。エリック・クラプトン、フレディー・マーキュリー、スーパートランプ、ローリング・ストーンズ、デヴィッド・ボウイ、ディープ・パープル、クイーン、イギー・ポップ、ミック・ジャガーをはじめ、世界中のスターたちが足繁くミュンヘンを訪れていました。

MCMの物語

MCMの物語

Watch the Video

MCMの物語

職人技

革新と機能性

MCMの商品の中核をなすのは、職人技。それは数百年にわたって育まれた、ドイツが誇るものづくりとエンジニアリングデザインの伝統そのものです。すべての商品は、熟練の職人が細部のディテールにまでこだわって、ひとつひとつ丁寧に作り出しています。MCMの職人たちの豊富な知識と卓越した手仕事によって、長年変わることのない厳格な品質基準を満たす商品だけをお客様にお届けしています。

世代を超えて受け継がれるMCMの商品は、完璧への比類ないこだわりと、最高水準のファブリック、レザー、その他素材と仕上げ加工技術によって生み出されています。伝統技術の継承だけでなく、未来に向けた革新にも取り組み続けるMCMは、最先端のテクノロジーと斬新なデザインを組み合わせ、伝統と革新が融合するものづくりを追求しています。

アーカイブ:ASSOULINE BOOK