ブティックについて

ブティックのコンセプト

新古典主義のファサードから現代的なシルエットを備えた、フランクフルト初のMCMフラグシップがオープン。ヨーロッパ最大のMCMブティックとして生まれたOPERAは、ドイツで4番目のMCMフラグシップです。フランクフルトの歴史ある旧オペラ座に面した複数階のブティックは、文化、アート、スタイルのランドマーク的な存在として誕生しました。2つの大通りに挟まれたフラグシップは独自のコーナーストーンのモチーフを採用し、曲線的なガラスが包み込むようなファサードが特徴的です。バランスの取れた調度品や磨き上げられたグラファイトのインテリア、アヴァンギャルドな美意識を感じさせるミニマルなレイアウトが、パノラマに広がるようにゆったりと設計されています。

  • ヨーロッパ最大のMCMランドマークとしてオープンした、340㎡の複数階のブティック
  • 向かいにあるドイツで最も歴史的な建物、旧オペラ座にちなんだ名称
  • フランクフルトの高級ファッションストリート「ゲーテ通り」と、人気の「フレスガッセ」の交差点に位置
  • 照明で浮かび上がる木製パネルとコンクリートの壁を配し、コレクションのディスプレイが見渡せる設計

インサイド ルック

  • Boutique
  • Boutique
  • Boutique
OPERAのフラグシップは、フランクフルトの高級ファッションストリート「ゲーテ通り」と人気の「フレスガッセ」の交差点の角にあります。ビジネスの中心街インネンシュタット地区にあるMCMブティックの西にはオペラ広場、東にはボルセン通りがあります。通りの向かいには、伝統、卓越、威光を示す中心的存在としてヴィルヘルム時代に建てられた、歴史ある旧オペラ座があります。時代を越えて数百万人もの観光客を惹き付けてきた、権威あるコンサートホールで、毎年300回近くの公演、リサイタル、イベントを開催しています。
Boutique
  • Boutique
  • Boutique
  • Boutique
ゲーテ通りでは、歴史的なファサードとモダンなデザインを組み合わせた、新古典主義建築の美意識が多々みられます。ヴィルヘルム時代に遡る伝統的構造が特徴で、絵のように美しい通りに並ぶ帝国主義様式やネオバロック様式の建築の多くが、戦時中に破壊されました。そのため、生き残った建物は外壁を保存して内部を改装しており、その他の建物は現代の建築基準に基づいて現代的なデザインで再構築されています。MCM OPERAフラグシップは、伝統と現代の交差点に位置しています。歴史的な建造物とモダンなビルに囲まれ、プライドと革新を表現するプログレッシブでネオトラディショナルなストーリーを打ち出しています。
Boutique
  • Boutique
  • Boutique
  • Boutique
ゴールドの色合い、大理石、グラマラスな鉄のアクセントをあしらったインテリアは、ゾーンごとに分けられた最新のラインナップを引き立てる贅沢なキャンバスです。複数階のショップには、照明で浮かび上がる木製のパネルをコンクリートの壁にあしらい、最新コレクションがパノラマで見渡せるようになっています。広々としたブティックでは、ニュートラルカラーの調度品や磨き上げられたインテリアが織りなす景観が広がり、クラシックとコンテンポラリーが出会う洗練された環境を創り上げています。
Boutique